※2024年2月現在:1ルピー≒1.82円
※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【旅行前にチェック】インドってどんな国?インドの基本情報まとめ

旅の準備

世界遺産がいくつもあったり、長い歴史を持つ国、インド。

「インドに行くと人生が変わる」なんて言う方も多いですが、実際行くとなるといろいろ心配事もでてきます。

今回は、そんなインドへ行くか悩んでいる方・すでに行くことが決定して情報収集している方などに向けた「インドの基本情報」についてご紹介します。

スポンサーリンク

インドの基本データ

時差:3.5時間

インドと日本の時差は「3.5時間」あり、インドの方が遅いです。

※日本が正午のとき、インドは午前8:30

日本からの飛行時間:約10時間(HND→DEL)

羽田空港→デリー空港までは片道約10時間です。

現在は、羽田空港発・成田空港発のJAL・ANA便が直行便ででています。

言語:英語・ヒンディー語など

インドは大きな国で人口も非常に多いため、地域によって数多くの言語が使われています。

また、言語によって使用する文字もまったく異なります。

  1. ヒンディー語:2億5,800万人
  2. ベンガル語:8,250万人
  3. テルグ語:7,380万人
  4. マラーティー語:7,170万人
  5. タミル語:6,070万人

参照:Wikipedia – インドにおける話者数順位

英語はかなりローカルな場所などを除き、広範囲で使用ができます。

宗教:ヒンドゥー教・イスラム教など

インド最大の宗教は「ヒンドゥー教」で、全体の約8割の方がヒンドゥー教徒です。

他にもイスラム教やキリスト教、シク教の方もいらっしゃいます。

Aditi
Aditi

言語は「ヒンディー語」、宗教は「ヒンドゥー教」とわずかに異なるので注意してください!

(※ヒンドゥー語や、ヒンディー教と言っても伝わりません!)

ビザ:短期の旅行でも必須

インドへ旅行に行く場合、期間にかかわらず「観光ビザの取得」が必要になります。

パスポートの残存日数が半年以上残っていることを確認の上、申請してください。

  • 在日インド大使館・総領事館で申請
  • オンライン申請(e-Visa)★オススメ!
  • インド到着時に申請(Visa on Arrival)

また、入国時には「入国カード」を記入する必要があります(機内で配布されたり、到着後の入国審査前のテーブルに置いてあります)

インドの治安

Tourist
Tourist

インドってトラブル多いんでしょ…?

人口も多く、混雑したイメージがあるからなのか、こんなイメージを持っている方が多いです。

Gurugamon
Gurugamon

わたしもインドで生活を始める前までは、あまり治安がよいイメージはありませんでした…(小声)

ですが、実際に来てみると人柄もいい人が多く、決して危険な国というわけではありません。

海外旅行の際に気をつけておくべきことをインド旅行時にも注意しておけばOKです。

  • 持ち物からは目を離さない
  • 物乞いや日本語で話しかけてくる方は基本的にスルーする
  • リキシャーなどに乗る場合は事前交渉をする(ぼったくりに注意)

インドの通貨・お金事情

インドで使われている通貨は「₹/₨(ルピー)」です。空港や街中の両替所・ホテルなどで両替ができます。

  • お札
    • 500ルピー
    • 200ルピー
    • 100ルピー
    • 50ルピー
    • 20ルピー
    • 10ルピー
  • 硬貨
    • 10ルピー
    • 5ルピー
    • 2ルピー
    • 1ルピー

チップ

インドは基本チップの文化はありません

とはいえ、もし満足いくサービスを受けた際には「感謝の気持ち」として少し渡すといいと思います。

  • ベッドメイキング・荷物を運んでもらった・ルームサービスを頼んだなど:10~50ルピーほど
  • ドライバー送迎:100ルピーほど
  • 観光ガイド:300~500ルピーほど
  • レストラン:基本不要(あらかじめサービス料が含まれていることがほとんどです)
    • 含まれていない場合は5%ほど

クレジットカード

観光客が多い地域・店舗では、VISAやMasterなど、国際ブランドのクレジットカードであれば使用可能です。

JCBやアメリカンエキスプレスも使えますが、対応していないこともあるので以下のような「VISA」「Master」のカードを1枚は持っていくことをおすすめします。

電源・コンセント

コンセントはB3・BF・Bタイプが使用されています。

ホテルなどでも「USBポート」がついているところはまだまだ少ないので、変換プラグを持ってくることをオススメします。

Bitly

インドに限らずですが、水道水をそのまま飲むのは危険です。

レストランなどでもお水が提供されることがありますが、できれば控えることをおすすめします。

基本的にどのレストランでも「ペットボトルのお水」が売られているので、お水を飲みたい場合はこちらを購入するようにしてください。(1Lあたり20~40ルピー程度)※未開封なのを確認してください!

情報収集にオススメなサイト

最後に、インド旅行前にチェックしておきたいサイトをご紹介します。

また、インド旅行が決まった際には「たびレジ」の登録(無料)をしておくと、常に最新の情報がメールで届くのでオススメです。

海外に行くときは「たびレジ」の登録をしよう
たびレジとは、海外旅行や海外出張など、海外に渡航する際に、あらかじめ赴任先や旅先などの情報を入れておくことで、その国や地域の最新情報や緊急事態発生時のお知らせなどのメールを受け取ることのできる外務省が運営している無料のサービスです。 ...

おわりに

インドにまつわるあれこれをご紹介しました。少しでもインドについて知ってもらえたら嬉しいです。

素敵なインド旅行を!

タイトルとURLをコピーしました