※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【現在完了1】ずっと~しているという意味の英文を作る

中学英語

現在完了形は、「現在」「完了」した、つまり「今終わった」ということを伝える表現です。

中学3年で習う範囲ですが、いまいちニュアンスが理解できず、ただなんとなく「have+過去分詞形」で表すということだけ覚えてしまっていました。

今回は改めて学び直してみたので、備忘録も兼ねてまとめてみます。

スポンサーリンク

過去形とは何が違うの?

まずは次の2つの文を読んでみてください。

  1. 昨日は13:00に昼食を食べました
  2. ついさっき昼食を食べたので、仕事に戻ります

これはどちらの文も「ご飯を食べた」ということを言いたい文ですが、次のような違いがあります。

  1. 昨日」食べたという話をしている(=一昨日や今日などの話しはしていない)
  2. 少し前にご飯を食べ終わった」ので、今はお腹がいっぱいである(=現在に続いているというニュアンスをもつ

日本語で「ご飯を食べた」という表現があった場合、上のように、過去形の意味で使うことも、現在完了形の意味で使うこともできるため、英語で説明する際にどっちを使うべきかの判断が難しいです。

現在完了とは

↑にでてきた「ついさっき昼食を食べたので、仕事に戻ります」という文ですが、「ついさっき食べた(=食べ終わったばかり)」ということは、過去に「食べ始めた」ということになります。

Gurugamon
Gurugamon

つまり「過去に始まったことが現在まで繋がる」という意味を持つ考え方が現在完了形になります!

現在完了形には、次の3つの意味があります。

  • 継続:ずっと~している
  • 経験:~したことがある
  • 完了・結果:~したところである・もう~してしまった

今回は現在完了形その1ということで「継続」についてご紹介します。

現在完了の文の作り方

主語 + have (もしくはhas) + 過去分詞形の動詞

現在完了形の文にはいくつか意味がありますが、文の作り方はすべて同じです。

主語が「三人称・単数・現在形」のときは、動詞に三単現のsがつくため、haveがhasへと変化しています。

↓三単現について復習し直したい方はコチラ

【図で覚える】三単現のルール【三人称単数現在形】
以前、一般動詞の文の作り方をご紹介しました。 しかし、その例文には「I」「You」「複数人」が主語になっているものしかなかったことにお気づきだったでしょうか。 実は英語には三単現のルールというものが存在し、三単現のときには動詞に...

継続「ずっと~している」

継続は「ずっと~している」つまり、過去に始まった状態が今も続いていることを表すような文です。

例えば次のような文です。

Mitsuhiko
Mitsuhiko

僕はここに7年間住んでいます

これを英語に直すと

Mitsuhiko
Mitsuhiko

I have lived here for 7 years.

となります。

I have lived が表す内容は「(過去から現在まで)live」 がつながっているイメージです。

これがどのくらい継続しているかというのは後ろに書き、今回は、「for 7 years(=7年間)」となります。

つまり、7年間この場所に住み続けて現在まで至っているため、

  • I have lived here for 7 years.「わたしはここに7年間(ずっと)住んでいます」

と訳すことができます。

同様に、次の例文を見てみましょう。

Kogoro
Kogoro

蘭は朝の9:00からずっと部屋で勉強をしています

これを英語に直すと

Kogoro
Kogoro

Ran has studied at her room since 9:00 am.

Ran has studied が表す内容は「(過去から現在まで)study」 がつながっているイメージです。

これがいつから続いているのかというのは後ろに書き、今回は「since 9:00 am(=午前9時から)」となります。

つまり、午前9時からずっと部屋で勉強をして現在まで至っているため、

  • Ran has studied at her room since 9:00 am.「蘭は朝の9時から(ずっと)自分の部屋で勉強をしています」

と訳すことができます。

継続の文と一緒に使われることの多い「for」と「since」

すでに↑の例文でも登場している通り、継続の文(ずっと~している)では、「for」や「since」がセットで使われることが多いです。

Gurugamon
Gurugamon

forの後ろには期間を表す言葉が、sinceの後ろにはその動作が始まったタイミングがきます

  • for:~の間
    • for a long time「長い間」
    • for an hour「1時間」
  • since:~以来、~から
    • since 2010「2010年から」
    • since last year「昨年から」
    • since I was a high school student「高校生の頃から」
sinceは3つ目の文の使い方のように、接続詞としても使います

まとめ

現在完了の文第1弾「継続」の意味を持つ英文についてご紹介しました。

次回は「経験」の意味を持つ英文についてご紹介します。

第2弾の記事はコチラから

【現在完了2】~したことがあるという意味の英文を作る
現在完了第2弾です。 今回は「~したことがある」という意味の現在完了形についてまとめてみます。 第1弾の記事はコチラから 第3弾の記事はコチラから 【再掲】現在完了とは Koma ...

第3弾の記事はコチラから

【現在完了3】~したところである・もう~してしまったという意味の英文を作る
現在完了第3弾です。 今回は「~したところである・もう~してしまった」という意味の現在完了形についてまとめてみます。 第1弾の記事はコチラから 第2弾の記事はコチラから 【再掲】現在完了とは ...
タイトルとURLをコピーしました