※2024年2月現在:1ルピー≒1.82円
※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【子音編】ヒンディー語の子音を読める・書けるようになりたい

ヒンディー語

デーヴァナーガリー文字を読み書きできるようになりたい第2弾。

今回は「子音」編です。

前回の母音編はコチラから

【デーヴァナーガリー文字】ヒンディー語で母音を読める・書けるようになりたい
日本語でも英語でも、新しい言語を学ぶ際にまず行うのが「文字」を覚えることかと思います。 日本語ならば「ひらがな」を、英語ならば「アルファベット」といった感じですね。 今回はヒンディー語を勉強するにあたり、まずは「デーヴァナーガリ...
スポンサーリンク

子音について

デーヴァナーガリー文字の子音には「無声音」と「有声音」があり、そこからさらに「無気音」と「有気音」にそれぞれ分かれます。

有気音とは「息を吐きながら発音する」ものです
例:(カハ)は、カと発音した後に「ハッ」と息を吐き出すことで発音することができます

無声音:濁点がない音

無声音は、「カ」「サ」「タ」などのように、濁点がない音を指します。
無気音有気音
デーヴァナーガリー文字ローマ字読みカタカナ読みデーヴァナーガリー文字ローマ字読みカタカナ読み
軟口蓋音kakhaカハ
硬口蓋音caチャchaチャハ
そり舌音ṭaṭhaタハ
歯音tathaタハ
唇音paphaパハ

有声音:濁点がある音

無声音は、「ガ」「ザ」「ダ」などのように、濁点がある音を指します。
無声音と口の形は同じですが、声帯を振動させて発音するのが違いです。
無気音有気音
デーヴァナーガリー文字ローマ字読みカタカナ読みデーヴァナーガリー文字ローマ字読みカタカナ読み
gaghaガハ
jaジャjhaジャハ
ḍaḍhaダハ
dadhaダハ
babhaバハ

鼻音:鼻に抜けるように発音する音

鼻音とは、日本語の「ん」のように、鼻に抜けるように発音する音のことです。
デーヴァナーガリー文字ローマ字読みカタカナ読み
ṇa
na
ma

その他:半母音・摩擦音

これまでに紹介したものに入らない音として「半母音」と「摩擦音」があります。
デーヴァナーガリー文字ローマ字読みカタカナ読み
ya
ra
la
va/waヴァ/ワ
śa
ṣa
sa
ha
は、使う場面によって「ヴァ」と発音したり「ワ」と発音する文字なので注意が必要です

おわりに

今回は、ヒンディー語を勉強するにあたっての基本となる「デーヴァナーガリー文字の子音字」をご紹介しました。

次回は母音字と子音字を組み合わせて、実際に文字を書いていきたいと思います。

目指せデーヴァナーガリー文字マスター!!

タイトルとURLをコピーしました