※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【五輪英語】東京2020オリンピックの競技名を英語で言えるようになろう

イベント

直前までなんやかんやあった東京五輪。つい先程開会式が行われましたね。その中で紹介されていたのが「ピクトグラム」。1964年の東京五輪のときに初めて作られ、それ以降のオリンピックでも様々なデザインのピクトグラムが作られてきました。そして今回の東京五輪では「動くピクトグラム」が作られ、開会式にて紹介されていましたね。

今回はオリンピック開催を記念して各種目を英語で何というのかをご紹介します。

スポンサーリンク

アルファベット順でご紹介

ここからはアルファベット順に種目を紹介していきます。

A

  • Archery:アーチェリー
  • Artistic Gymnastics:体操競技
  • Artistic Swimming:アーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)
  • Athletics:陸上競技

B

  • Badminton:バドミントン
  • Baseball:野球
  • Basketball:バスケットボール
  • Beach Volleyball:ビーチバレーボール
  • Boxing:ボクシング

C

  • Canoe slalom:カヌー(スラローム)
  • Canoe Sprint:カヌー(スプリント)
  • Cycling BMX Freestyle:自転車競技(BMXフリースタイル)
  • Cycling BMX Racing:自転車競技(BMXレーシング)
  • Cycling Mountain Bike:自転車競技(マウンテンバイク)
  • Cycling Road:自転車競技(ロード)
  • Cycling Track:自転車競技(トラック)

D

  • Diving:飛込

E

  • Equestrian:馬術

F

  • Fencing:フェンシング
  • Football:サッカー

G

  • Golf:ゴルフ

H

  • Handball:ハンドボール
  • Hockey:ホッケー

J

  • Judo:柔道

K

  • Karate:空手

M

  • Marathon Swimming:マラソンスイミング
  • Modern Pentathlon:近代五種

R

  • Rhythmic Gymnastics:新体操
  • Rowing:ボート
  • Rugby:ラグビー

S

  • Sailing:セーリング
  • Shooting:射撃
  • Skateboarding:スケートボード
  • Sport Climbing:スポーツクライミング
  • Surfing:サーフィン
  • Swimming:競泳

T

  • Table Tennis:卓球
  • Taekwondo:テコンドー
  • Tennis:テニス
  • Trampoline Gymnastics:トランポリン
  • Triathlon:トライアスロン

V

  • Volleyball:バレーボール

W

  • Water Polo:水球
  • Weightlifting:ウェイトリフティング
  • Wrestling:レスリング

3

  • 3×3 Basketball:3×3 バスケットボール

まとめ

それぞれの競技を英語名でご紹介しました。カタカナでも同じように読めるものもあれば、全く聞いたことのない単語もあったのではないでしょうか。ぜひこの期間中に英語名を見たり聞いたりしただけでどの競技なのかをわかるようにできたらいいですね。

タイトルとURLをコピーしました