※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

オンラインゲームで交流するときに使える英語表現 – 初対面でチームを組む場合

英会話

最近では「APEX」「Fall Guys」「Among Us」などなど、オンラインで交流をしながら行えるゲームが増えてきました。

ゲームは世界的に人気なコンテンツであるため、日本のゲーム実況者の方でも海外の方とチームを組んだりしているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなオンラインゲーム時に使える英語表現をご紹介します。

実際に海外の方と交流する場合や海外の方の配信を見るときにも役立ちますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

会話例 – 初対面でチームを組む場合

早速ですが「初対面で一緒にチームを組んでゲームをプレイする」場合の会話例をご紹介します。

Camel
Camel

Hello!

「こんにちは」

Mitsuhiko
Mitsuhiko

Hello.

「こんにちは」

Camel
Camel

What should I call you?

「何て呼べばいいですか?」

Mitsuhiko
Mitsuhiko

My name is Mitsuhiko. Please call me Mitsu!

What about you?

「光彦って言います。ミツって呼んでください!

あなたのことは何て呼べばいいですか?」

Camel
Camel

Mitsu!

My name is Camel.

「ミツ!

僕はキャメルと言います」

Mitsuhiko
Mitsuhiko

Hi, Camel!

Do you play this game a lot?

「よろしくキャメル!

このゲームはよくやるんですか?」

Camel
Camel

I started about six months ago.

But I’m still a beginner…

You?

「半年くらいやってますが、まだ初心者レベルです…

ミツはどうなんだい?」

Mitsuhiko
Mitsuhiko

Same here.

Let’s win this fight!

「同じくらいですね

お互い頑張りましょう!」

Camel
Camel

Yeah!

Where do we go first?

「そうだね!

じゃあ、まずはどこに行こうか?」

Mitsuhiko
Mitsuhiko

The north side of city!

Let’s go!

「北の方に行きましょう!」

Camel
Camel

Alright!

「了解!」

内容確認

自己紹介

Camel
Camel

What should I call you?

「何て呼べばいいですか?」

Mitsuhiko
Mitsuhiko

My name is Mitsuhiko. Please call me Mitsu!

What about you?

「光彦って言います。ミツって呼んでください!

あなたのことは何て呼べばいいですか?」

Camel
Camel

Mitsu!

My name is Camel.

「ミツ!

僕はキャメルと言います」

初めて一緒にチームを組んでゲームをする場合欠かせないのが「自己紹介」です。

とはいっても今後友達になってやり取りをするわけではないと思いますので「名前」や「出身国」くらいの会話をすれば十分ですね。

ゲーム歴について話す

Mitsuhiko
Mitsuhiko

Hi, Camel!

Do you play this game a lot?

「よろしくキャメル!

このゲームはよくやるんですか?」

Camel
Camel

I started about six months ago.

But I’m still a beginner…

You?

「半年くらいやってますが、まだ初心者レベルです…

ミツはどうなんだい?」

Mitsuhiko
Mitsuhiko

Same here.

Let’s win this fight!

「同じくらいですね

お互い頑張りましょう!」

同じチームでゲームを行いますのでやはり気になるのは「このゲームをどれくらいやってきたか」。

相手の方がやり込んでいてレベルが高かったり、逆にまだ始めたてだったりの情報がわかれば共に戦う上での戦略なども立てやすくなるかと思います。

作戦を立てる

Camel
Camel

Yeah!

Where do we go first?

「そうだね!

じゃあ、まずはどこに行こうか?」

Mitsuhiko
Mitsuhiko

The north side of city!

Let’s go!

「北の方に行きましょう!」

Camel
Camel

Alright!

「了解!」

名前やゲーム歴などある程度の会話ができたら早速ゲームに参加しましょう。

今回の例では「バトルロワイヤル」系のゲームを想定していますので「どこに行くか」を相談しています。

まとめ

海外の方とオンラインゲームを一緒にやる場合の「最初の挨拶」についてご紹介しました。

次回はよりゲーム中に使える英語表現についてご紹介できればと思います。

タイトルとURLをコピーしました