【主格・所有格・後置格】ヒンディー語で人称代名詞を使いこなす | ぐるがもんブログ

※2024年6月現在:1ルピー≒1.88円
※記事内に商品プロモーション・アフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載している場合があります

【主格・所有格・後置格】ヒンディー語で人称代名詞を使いこなす

ヒンディー語
スポンサーリンク

人称代名詞とは

日本語や英語でも、誰かや何かのことについて話す際に、それが誰のこと(何のこと)なのかを示すために、代名詞を用います。

例:蘭はわたしの友達です。彼女は空手が得意です。

この例の通り、2つ目の文では「蘭」という名詞を繰り返さず、「彼女」というように言い換え(=彼女は前の文の蘭を示す)をしています。この「彼女」にあたるのが人称代名詞です。

また、人称代名詞は「使われ方」によって形が変化します。

  • わたし
  • わたし
  • わたし
  • わたしのもの

日本語の場合はこのように助詞が変化しますが、ヒンディー語ではそれぞれ別の単語が存在します。

Teacher
Teacher

英語と同じようなルールですね

  • I「わたしは」
  • my「わたしの」
  • me「わたしに」
  • mine「わたしのもの」

これらは「主格(~は、~が)」「所有格(~の)」「後置格(~を、~に)」と呼びますが、「使われ方によって形が変わる」という点だけ覚えておけば大丈夫です。

余裕のある方は格の名前まで覚えてみてください。

主格:~は、~が

文の中で主語になる代名詞を主格といいます。ヒンディー語の肯定文では文頭にくるものにあたります。

  • わたしは(が):मैं(読み:メーン)
  • あなたは(が): आप(読み:アープ)/तुम(読み:トゥム)/ तू(読み:トゥー)
  • これ/この人は(が):यह(読み:イェ)
  • あれ/あの人は(が):वह(読み:ヴォ)
  • わたしたちは(が):हम(読み:ハム)
  • これら/この人らは(が):ये(読み:イェー
  • あれら/あの人らは(が):वे(読み:ヴェー
【コピュラ動詞】ヒンディー語で「~です/~いる/~ある」の文を作る
コピュラ動詞とは コピュラ動詞とは、英語でいう「be動詞」にあたるものです。 主語と述語をイコールで結ぶ役割を持ちます。 英語でも、主語によって使用するbe動詞が変わるように、コピュラ動詞も主語によって使用する形が変わります。...

主格の例文

  • मैं ठीक हूँ ।「わたしは元気です」
    • 読み:メーン ティーク フーン
  • आप कैसे हैं ?「あなたは元気ですか?」
    • 読み:アープ ケーセ ヘーン
  • यह क्या है ?「これは何ですか?」
    • 読み:イェ キャー ヘ

所有格:~の

名詞の前に置き、「~の」という意味を表す代名詞を所有格といいます。こちらは単独で使うことはなく、名詞とセットで使います。

Aditi
Aditi

ヒンディー語で「~の(※英語で言うof)」を表す表現に「का(読み:カー)」というものがあります

例:園子さん~=सोनोकोजीका ~(読み:ソノコ ジー カー ~)

しかし、代名詞の場合には特別な形があり、それぞれ覚える必要があります

  • わたしの:मेरा(読み:メーラー)
  • あなたの: आपका(読み:アープカー)/ तुम्हारा(読み:トゥムハーラー)/ तेरा(読み:テーラー)
  • これ/この人の:इसका(読み:イスカー)
  • あれ/あの人の:उसका(読み:ウスカー)
  • わたしたちの:हमारा(読み:ハマーラー)
  • これら/この人らの:इनका(読み:イヌカー
  • あれら/あの人らの:उनका(読み:ウヌカー

所有格の活用

所有格は「後ろにくる名詞」の「性・数」によって形が変化します。
※所有格の後ろにさらに後置格が来る場合の活用もありますが、ここでは省略しています

「~の」を意味する「का」を用いる場合は次のように活用します。

単数複数
男性名詞का
カー(kaa)
के
ケー(kee
女性名詞की
キー(kii)
की
キー(kii)

代名詞の所有格の場合、この「का」の活用と同じように、母音部分を代名詞に当てはめると活用できます。

例として「मेरा(わたしの)」を活用させると次のようになります。

単数複数
男性名詞मेरा
メーラー(meraa
मेरे
メーレー(meree
女性名詞मेरी
メーリー(merii
मेरी
メーリー(merii

所有格の例文

  • मेरा नाम गुरुगामोन है।「わたしの名前はぐるがもんです」
    • 読み:メーラー ナーム グルガモン ヘ
  • आपका पिता कैसे हैं ?「あなたのお父さんは元気ですか?」
    • 読み:アープカー ピター ケーセ ヘーン
  • यह मेरी बिल्ली है।「これはわたしの猫です」※बिल्ली(猫)は女性名詞なので、मेरीになります
    • 読み:イェ メーリー ビッリー ヘ
  • उनका काम क्या है।「彼らの仕事はなんですか?」※काम(仕事)は男性単数名詞なので、उनकाになります
    • 読み:ウヌカー カーム キャー ヘ

後置格:~を、~に

後ろに後置詞があるときに使い、「~を、~に」という意味を表す代名詞を後置格といいます。単体で使うのではなく、後置詞とセットで使うというのがポイントです。

  • わたしに:मुझ(読み:ムジュ)
  • あなたに: आप(読み:アープ)/ तुम(読み:トゥムハーラー)/ तुझ(読み:トゥジュ)
  • これ/この人に:इस(読み:イス)
  • あれ/あの人に:उस(読み:ウス)
  • わたしたちに:हम(読み:ハム)
  • これら/この人らに:इन(読み:イヌ
  • あれら/あの人らに:उन(読み:ウヌ

後置格の例文

  • मुझ को पानी दीजिए।「わたしに水をください」
    • 読み:ムジュ コー パーニー ディージエー
  • मैं उस को एक किताब देता हूँ।「わたしは彼に1冊の本をあげます」
    • 読み:メーン ウス コー エーク キターブ データー フーン
  • वह हिंदी तुम को पढ़ात है।「彼はヒンディー語をあなたに教えます」
    • 読み:ヴォ ヒンディー トゥム コー パルター ヘ

応用:後置格にकोがつく形

後置格の例文ででてきた「को(コー)」は「forやto」という意味を持つ後置詞です。

そのため、कोが後ろに来る場合には「代名詞を後置格」にする必要があります。

このとき「後置格の代名詞+को」は1単語に省略した形で書くことができ、次のようになります

Aditi
Aditi

代名詞の場合は省略形の方が使われているイメージです!

後置格+को 省略形
मुझ को
ムジュ コー
=मुझे
ムジェー
आप को
アープ コー
तुम को
トゥム コー
तुम्हें
トゥムヘーン
तुझ को
トゥジュ コー
तुझे
トゥジェー
इस को
イス コー
इसे
イセー
उस को
ウス コー
उसे
ウセー
हम को
ハム コー
हमें
ハメーン
इन को
イヌ コー
इन्हें
イヌヘーン
उन को
ウヌ コー
न्हें
ウヌヘーン

これらの省略形を、先程の例文に当てはめると次のようになります。

  • मुझे पानी दीजिए।「わたしに水をください」
    • 読み:ムジェー パーニー ディージエー
  • मैं उसे एक किताब देता हूँ।「わたしは彼に1冊の本をあげます」
    • 読み:メーン ウセー エーク キターブ データー フーン
  • वह हिंदी तुम्हें पढ़ात है।「彼はヒンディー語をあなたに教えます」
    • 読み:ヴォ ヒンディー トゥムヘーン パルター ヘ

活用表

主格「~は」所有格「~の」後置格「~を、~に」後置格+को
わたしमैं
メーン
मेरा
メーラー
मुझ
ムジュ
मुझे
ムジェー
あなたआप / तुम / तू
アープ / トゥム / トゥー
आपका / तुम्हारा/ तेरा
アープカー / トゥムハーラー / テーラー
आप / तुम / तुझ
アープ / トゥム / トゥジュ
– / तुम्हें / तुझे
トゥムヘーン / トゥジェー
これ/この人यह
イェ
इसका
イスカー
इस
イス
इसे
イセー
あれ/あの人वह
ヴォ
उसका
ウスカー
उस
ウス
उसे
ウセー
わたしたちहम
ハム
हमारा
ハマーラー
हम
ハム
हमें
ハメーン
これら/この人らये
イェー
इनका
イヌカー
इन
イヌ
इन्हें
イヌヘーン
あれら/あの人らवे
ヴェー
उनका
ウヌカー
उन
ウヌ
उन्हें
ウヌヘーン

これまでのまとめになります。覚える際は「主格」や「所有格」など列で覚えるよりも、「わたし」や「あなた」というように行で覚えることをオススメします。

Gurugamon
Gurugamon

わたしはひたすら唱えて覚えました!

まとめ

人称代名詞についてまとめてみました。ヒンディー語語を勉強する上で必須のものになりますので正しく覚えてみてくださいね。

参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました