※2024年4月現在:1ルピー≒1.82円
※記事内に商品プロモーション・アフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載している場合があります

【インドに1週間住んでわかった】渡航後すぐに使う日本から持ってきたアイテム3選

渡航準備

インドに来て1週間が経ちました。

到着してすぐは荷物の整理などに追われていましたが、ようやく生活も落ち着いてきて少しずつ必要なものもわかってきました。

今回はそんな中で日本から持ってきた到着後すぐに使用する必須アイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

隙間風テープ

まず1つ目は「隙間風テープ」です。

日本人が住むようなインドの中では高級マンションのような建物であっても、日本の建物と比べてしまうと立て付けが悪く、至る所に隙間があります。

実際、今住んでいる家の玄関も1cm弱の隙間があり、そのままだと虫が出入り自由になってしまいます…。

そのため下のような隙間テープを持ってくるべきとのアドバイスをもらい、実際に持ってきましたが絶賛大活躍中です!

厚さにも様々なものがありますが、実際に使ってみないとどの厚みが合うのかわからないのでぜひ様々なサイズを持ってくることをオススメします!

また、ホコリなどで汚れて粘着力が弱くなってしまって取れてしまうこともあるとのことなので、定期的に変えられるよう多めに持ってくると◎です。

PM2.5対応のマスク

2つ目は「高性能マスク」です。

コロナ感染予防のためにマスクを持ってくるというのももちろんですが、インドでは大気汚染から身を守るためにマスクが必須です。

インドの大気汚染の深刻さは「世界最悪レベル」というのは有名なお話かもしれませんが、わたしの住んでいるグルガオンや、首都であるデリー周辺は特にひどいようです…。

この汚染が原因で、咳や喘息だけでなく最悪の場合肺ガンを引き起こす可能性もあるようです。

タバコを吸わない方でも外にいるだけで喫煙レベルの影響を受けるというのは怖いですよね…。

そのため、これらの汚染から身を守るために、インドでは冬の時期は高性能なマスクの着用が必須です。車などに乗っている場合でも着用をすることをオススメします。

スリッパ

3つ目は「スリッパ」です。

インドでは寺院や教会のように神聖な場所では土足厳禁ですが、基本的に普段は土足で家の中でも生活をします。

しかし、日本で生まれ育ったわたしとしては、やはり家の中では靴を脱いで過ごしたい…と思っていますので、インドに来てからも日本式を採用しています。
(とはいえ、日本のような玄関というものはないので簡易的にマットを引いているだけです)

そんな我が家ですが、家の中の床は大理石で作られていることが多く、裸足や靴下のみで生活をしているとちょっと冷たいです。

また、隙間風テープのところでも書きましたが、インドの建物は隙間が多く、残念ながらホコリや砂が入ってきてしまうことも多いです。

そのため、室内を土足厳禁で過ごす方は、日常的に「スリッパ」を履くことをオススメします。

Gurugamon
Gurugamon

インド国内では土足で生活することが一般的のため、街中などでスリッパを見かけることは少ないように感じています…

また、売っていても正直質のいいものとは言えず、すぐ壊れてしまうようなペラペラなものが多かったので、ぜひ日本でお気に入りのスリッパを購入して持ってくるのがいいのかなあと思います。

ちなみにわたしはUNIQLOのルームシューズを採用しています。洗いやすいというのもいいですよね。

ユニクロ公式 | ルームシューズ
ユニクロのルームシューズのページです。ソールの改良で、さらにはき心地の良さがアップ。手洗いができていつでも清潔。。

他の方に聞いたところ、夏は綿や麻のような涼しげな素材で作られているものにして、冬はモコモコした温かいものを使っているよというお話もありました。

おわりに

1週間生活してわかった必須アイテム3つをご紹介しました。

  • 隙間風テープ
  • 高性能マスク
  • スリッパ

普段当たり前に使っているようなものもありますが、この3つはスーツケースなどですぐに使えるようにしておくと◎です。

ぜひ、これからインドに来られる方は参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました