※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【タイ】ホテルJALシティバンコク宿泊記【HOTEL JAL CITY BANGKOK】

旅行

インドに住んでいる方ならば在住中には一度は訪れるであろう国「タイ」。

その中でも首都バンコクは、日本人向けスーパーなども数多くあり、観光はもちろんのこと、インドではなかなか手に入りにくい食材などを求めて買い出しに来る方もちらほらいらっしゃいます。

今回はそんなバンコクで、日本人向けビジネスホテル「ホテルJALシティバンコク(HOTEL JAL CITY BANGKOK)」に宿泊をしてきました。

ホテルJALシティバンコクの特徴

  • 2023年7月にリブランドした4つ星ホテル
  • BTSトンロー駅から徒歩3分に立地
  • コンビニも徒歩3分のところに立地
  • 周辺には日本食レストランも複数あり◎
  • 各部屋で日本のテレビ番組の視聴が可能
  • トイレはウォシュレット付き
  • 向かいには同系列の日系ホテル「ホテルニッコーバンコク」があり、困ったときには日本語で対応も可

ホテルはトンロー通り沿いにあり、BTSトンロー駅から来る場合は、駅下の抜け道(セブンイレブンさん横)を使うと早いです。

※看板にはhotel nikko bangkokと書かれています

スポンサーリンク

外観・内観

エントランスはこんな感じ。対面には「ホテルニッコーバンコク」さんがあります。

また、チェックイン時にオークラ・ホテルニッコー・JALシティグループの会員サービス「One Harmony」会員かの確認がありました。

今後も利用する予定があれば、入会当日から使えるお得なクーポンもあるので入会してみてください。

部屋:Standard Room(スタンダードルーム)

今回宿泊したのは、Standard Room(28㎡)です。

入り口入って左側にバスルーム、奥にベッドルームという作りになっています。

ベッドはこんな感じ。

今回ツインルームを選択しましたが、2つのベッドの間隔はほとんどありませんでした。

ふかふかしたベッドで、枕元に部屋全体の電気を消すことのできるスイッチや、照明、コンセントもあり、使い勝手がよかったです。

こちらの部屋からは向かいのホテルニッコーバンコクさんが見えました。

トイレ・洗面台はこんな感じ。

トイレとバスルームは分かれていませんが、洗面台もお湯が出せたり、トイレにはウォシュレットもついていてびっくりでした。

バスルームはこんな感じ。

広めかつ深めのバスタブがついていて、足を伸ばしながらゆっくり湯船に浸かることができ、これは個人的にかなり嬉しい点でした!

シャワーも長めのホース式で、使い勝手がとてもよかったです!

シャンプーとコンディショナーは一体型のものが備え付けられていますが、こちらは使い慣れているものを自分で持って行ったほうがよさそうです。

備え付けのあったアメニティ

こちらのホテルには、タオルや歯ブラシなどの基本アメニティはありましたが、化粧水などのスキンケア用品の備え付けはありませんでしたので、訪れる際はご自身のものを持っていくようにしてください。

備え付けのあったアメニティ類

  • タオル類
  • シャンプー/コンディショナー(一体型)・ボディソープ
  • ハンドソープ
  • 歯ブラシ
  • ドライヤー
  • ボトルのお水
  • インスタントコーヒー・ティーバッグ
  • セキュリティボックス

ちなみに、バスローブやスリッパは最初は備え付けられていませんでしたが、内線で連絡をすると持ってきてもらえました!

朝食:ビュッフェ

JALシティホテルでは、館内にあるレストランでビュッフェ形式での朝食が用意されています。

他ではなかなか見かけない、平日5:30から、土日祝6:00から提供が開始されるため、朝早くホテルを出発する方も利用ができるようになっています。

JALシティホテルの朝食

  • 時間:5:30~10:30(月~金)/6:00~10:30(土日祝)
  • 場所:ホテル2階「S-SEN」

とはいえ、今回とくに早起きする用事もなく、周辺にも朝から開いているお店は多いので、わざわざホテルで食べなくてもいいかなあと思い、わたしは朝食なしのプランにしました。

これまでの口コミを見る限り、ちょっとした日本食などもいただけそうです!

 コインランドリーが併設!

こちらのホテル、さらに嬉しいポイントとして「コインランドリー」がホテル内にあります。

海外のホテルの場合、ランドリーサービス(フロントに持っていくスタイル)があることは多いですが、コインランドリーがついているのはなかなか珍しいです。

今回わたしはこちらに4泊したのですが、コインランドリーがついていると持っていく荷物も少なくでき、とてもありがたかったです。

洗剤や柔軟剤も売られていて、全て10バーツコインを利用しますが、持っていない場合はフロントで両替してもらえました!

  • 洗濯機:60バーツ ※2台あり
  • 乾燥機:80バーツ ※2台あり
  • 洗剤:10バーツ
  • 柔軟剤:10バーツ

ちなみに、使い方も日本語で書かれているので安心です!

日本のテレビ番組が見られる!

なんと、こちらのホテル、すべての部屋で日本のテレビ9チャンネルを始め、各国のテレビ番組をリアルタイムで見ることができます!(※YouTubeは不可)

Gurugamon
Gurugamon

普段インドで生活しているわたしとしては、かなり衝撃でした!

タイと日本の時差は2時間あるので、そちらだけご注意ください!

その他のサービス・施設

JALシティホテル内には他にもいくつかサービスや施設があります。

  • 焼肉レストラン:GINZADO
  • ルームサービス
  • ランドリーサービス
  • ミーティングルーム
  • 空港送迎

JALシティホテルさんにはジムやプールはありませんが、プラスで料金を支払えば、ホテルニッコーバンコクさんに併設している「ジム」「プール」の利用も可能になるとのことでした。

また、向かいの「ホテルニッコーバンコク」さんと同じ建物の3階には、GINZA THONGLOR(ギンザトンロー)も併設しており、こちらにもお店が充実しています。

  • カフェ:KALDI
  • ケーキショップ:シェ・シバタ365
  • 焼肉:SABU
  • 東京焼肉:将泰庵
  • うなぎ:うなきち
  • ワイン&串かつ:いし本
  • 中華:Royal Kitchen
  • スパ:Let’s Relax Spa
  • テーラー:フィオレンソー
  • ギフトショップ:森

新年イベント

ちょうど年末年始の時期だったので、ホテルニッコーバンコクさんとの年末年始限定特別イベントが開催されていました。

チャオプラヤー川周辺などでは花火が打ち上がったりもしていたようですが、こちらでゆっくり楽しむのもよかったです。

おわりに

こちらで4泊しましたが、ホテル内も綺麗でとても居心地がよく、快適に過ごすことができました。

駅近・日本人向け・お手頃価格で最低限必要なものがあればOKという方にはぜひおすすめしたいホテルでした。

ホテルでゆっくりするのが目的…という方は、スイートルームや、向かいのホテルニッコーバンコクさんを選んでみるのもよいと思います!

気になった方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

海外旅行に便利なWi-Fiレンタルサービス

空港やホテルなどではフリーのWi-Fiが使えることがほとんどですが、とはいえ「旅行中にずっとネットに繋ぐことは難しい」です。

ガイドをつけていたとしても、何かを検索したり連絡を取ったりすることも多いかと思いますので、現地でSIMを購入(※SIMフリー対応のスマホの場合)したり、日本でWi-Fiルーターを借りて持っていくことをおすすめします。

Gurugamon
Gurugamon

複数人で旅行する場合、Wi-Fiを1台レンタルしていくとみんなで使えてコスパもよいのでおすすめです!

ホテル情報

TEL+66 23927777
メールrsvn@bangkok.hoteljalcity.com
住所22/1 Soi Sukhumvit 55 (Thonglor), Sukhumvit Road, Klongtan Nua, Wattana, Bangkok 10110, Thailand
公式SNS公式サイト / Instagram / Facebook / TripAdvisor

 

タイトルとURLをコピーしました